1. HOME
  2. 事業案内
  3. 認証
  4. マネジメントシステム認証
  5. HACCP

認証

マネジメントシステム認証

HACCP

HACCP(危害分析重要管理点)は、英語の「Hazard Analysis Critical Control Point」の頭字語です。 HACCPは、食品の安全性を管理するための経済的かつ有効的な衛生管理の手法です。

HACCP認証は、中国(2002-2011)で10年の発展を遂げ、その時点で認定企業の数は5,000社を超えていました。

HACCP認証を標準化するために、中国国家認証認可監督管理委員会(CNCA)は2012年5月1日から施行される「企業危害分析重要管理点(HACCP)システム 認証実施規則」を発行しました。それはそれまでの中国HACCP認証標準と認証システムに基づき、食品規格委員会(CAC)規格と国際チェーンストア協会(CIES-The Food Business Forum)のグローバル・フード・セーフティ・イニシアチブ(Global Food Safety Initiative, GFSI)の基準と要求事項により、認証の基準とモデルを決定しました。

認証の基準:GB/T27341「危害分析重要管理点システム 食品メーカーの共通要求事項」およびGB14881「企業の共通衛生規則」

認証のモデル:初回認証 + フォローアップ監督検査 + 製品の安全性検証(該当する場合)