1. HOME
  2. お知らせ
  3. CQC車両の機能安全性業務について

お知らせ

news

お知らせ

CQC車両の機能安全性業務について

中国品質認証センターは、「信頼を伝え、サービスを発展させる」というコンセプトに基づき、2019年に車両(ドローンや産業用械等を含む)の機能安全(意図した機能の安全性、サイバーセキュリティを含む)とASPICEの技術サービスを開始します。

機能安全認証サービスにはプロセス認証と製品認証がある、プロセス認証はISO26262規格の開発を保証するための開発プロセスと機能安全管理プロセス;製品認証は、開発、設計、統合、テスト、制造などの面で製品を保証するため、ISO26262規格に規定された機能安全技術要件を満たすことに使用されます。機能安全認証により、自動車電子・電気システムの故障による危害による不合理なリスクを効果的に制御し、事故の発生を減らし、製品の品質を高めることができます。

ASPICEは国際的に公認され、最も権威の自動車ソフトウェア開発プロセスモデルである。ASPICE体系の導入により、完成自動車、システムと部品のソフトウェア開発の品質と製品の品質を大幅に高め、アフターコストを下げることができ、また企業がISO26262機能安全認証を通過するための基礎を築くことができます。

図 機能安全、意図した機能の安全性、サイバーセキュリティ

CQC自動車機能安全センターは2019年8月に設立され、主な機能として、大交通分野の機能安全に関する研究・プロジェクト開発事業、機能安全に関する認証、検査、研修、標準などのコンサルティング業務、認証センター内の関連業務の連携作業と機能安全業務の機構間連携およびプロジェクト開発のリード作業です。

 

お問い合わせ先
CCIC・JAPAN株式会社 事業推進部
Tel:03-3662-4171
E-mail:tsd@ccicjapan.com